読書会などの用語について

読書会などの用語について

現在、自由読書会では、アンテルナシオナル・シチュアシオニスト 第3巻『武装のための教育』(インパクト出版会)を読み進めています。他の巻からの参照や、聞きなれない用語や造語も多いので、理解に必要な情報や用語をまとめていきたいと考えています。

今回は、2019年4月3日に読んだ「 パタフィジック 、形成途上の宗教」(アスガー・ヨルン)では、シチュロジー という言葉が重要でした。関連するヨルンの造語「 シチュグラフィー 」と「 シチュメトリー 」を第2巻『迷宮としての世界』p.196の注釈から引用します。

※リンク文字をホバーするとツールチップで表示されます。クリックすると用語集を表示します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です